母と子

新しい命は体外受精で宿ります|計画的に妊娠しよう

妊娠できないときは

看護師

不妊治療は妊娠しやすい体づくりから始めますが、それでも妊娠できない場合は人の手を加えて妊娠させることができます。顕微授精は卵子と精子を人工的に触れされて受精卵を作る方法です。この方法を利用する際には、注意事項が幾つかありますのでしっかりと調べて、納得したうえで利用することが大切です。

詳細を確認する

赤ちゃんを授かるには

男女

近年、不妊治療を行う人の割合は増加しています。不妊には様々な原因がありますが、年齢が高まるにつれ妊娠の確率は下がるため、悩まずに病院を受診しましょう。一般的に不妊治療はタイミング法から始め、徐々にステップアップしていきます。パートナーや医師とよく相談しながら不妊治療を行いましょう。

詳細を確認する

今すぐ始めましょう

病院

妊娠するために行われる不妊治療は、一度治療を受けたからOKというわけではなく、長期間治療を行う場合が多いです。そのため、できるだけ通いやすい病院で治療を受けるようにしましょう。

詳細を確認する

妊娠に至る補助の役割

エコー写真

30代前半なら効果大

若い世代の晩婚化が進み、女性が子供を産む年齢は年々上がりつつあります。しかし残念なことに、女性の身体で妊娠出産に適している年齢は20代が適齢期で、30代に入ると徐々に生殖機能は低下していきます。つまり、30代で結婚する人も多くなってきた世の中では、結婚した時にすでに生殖機能の適齢期を過ぎていることにもなるのです。将来のことを考え、少しでも早く妊娠出産を望む女性も多く、早いうちから体外受精を考えるカップルは増えています。理由は、さまざまな不妊治療の中で最も出産率が高いからなのです。特に30代前半の女性であれば、体外受精で妊娠出産できる確率は、自然妊娠で出産する人とほとんど変わらないとまで言われているのです。精子と卵子が正常であれば、タイミング的にはかなりの確率で妊娠が可能で、遠回りをせずに済むからなのです。

目的をきちんと話し合う事

体外受精と年齢の関係性はかなり深いものとなっています。それは、体外受精をすれば必ず妊娠することが出来るというものではなく、妊娠に至るまでの補助をすることが目的だからです。先ほど、30代前半の女性であれば、自然妊娠率とほとんど変わらない妊娠出産率だと述べましたが、35歳を過ぎると一気に下降線をたどります。これの意味することは、いくら卵子と精子が会う手助けをすることが出来ても、卵子の老化が進んでしまえば妊娠出産率は下がってしまうという事なのです。卵子や精子の老化が進んでしまうと、たとえ出会ったとしても着床しなかったり、育たなかったりという事が起こります。体外受精の成功率は、やはり年齢にかかっているのです。体外受精は、女性側に負担が大きい不妊治療です。また、その費用もかなり高価になります。年齢、費用、その後の人生設計などは、パートナーや医師としっかり相談し合う必要があるのです。